2021年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メニュー

Canon EOS 5D Mark IIIのカメラバッグ探し 【その3】

 

 

前回の「think tank」というメーカーに続いて調べていて

気になったのが、「VANGUARD」というメーカー。

 

この「VANGUARD」も25年以上の歴史あるメーカーのようで、

耐久性や利便性に優れていて、

多くのプロフォトグラファーに愛用されているようです。

 

 

その「VANGUARD」の中で気になったのが、

Sydneyシリーズというタイプの「Sydney 27」。

 

2011年デジタルカメラグランプリで、

金賞を受賞したカメラバックです。

 

 

見た目通りカジュアルな感じのカメラバッグで、

中のカメラ保護用クッションボックスを取り外せば

普通のバッグとしても使えます。

 

内寸が270 x 230 x 120で、

レンズを付けた状態の一眼レフと交換レンズ1~2本、

それにストロボやアクセサリーなども入れ方次第で収納可能です。

 

 

今まで調べたのと違うこのバッグならではの特徴は、

フラップといわれるバッグの蓋部分を開けなくても

上の部分が開閉できるので、

必要な時にサッっとカメラを取り出すことができます。

 

それと、今まで調べたショルダー型カメラバックは

普通の斜めがけタイプでしたが、

このSydneyシリーズはその斜めがけしたストラップを補助する

ウエストベルトが付いています。

 

これにより、急いだり、自転車に乗った時などの

揺れ防止につながりバッグが安定した状態を保てます。

 

 

このバッグも良さそうなのでカメラ店に見に行ってみました。

 

確かに利便性があり持ち歩きやすそうでしたが、

カジュアル以外の時の服装とのマッチ感というか

質感が自分の理想とちょっと違う気がしました。

 

またEOS 5D MarkⅢを入れるには、

ちょっと窮屈そうにも感じました。

 

 

「VANGUARD」のカメラバッグを調べてみて

いいカメラバッグブランドなのはわかったので、

更にリサーチしてみました。

 

そして次に気になったのが

UP-Rise 28というバッグです。

 

 

このカメラバッグもいくつかの賞を受賞しているバッグで、

とても興味を持ちました。

 

大きな特徴は、マチや高さを必要に応じて広げられる

「エクスパンドシステム」というシステムを採用していることです。

 

 

普段、撮影場所に応じて持ち歩く機材の量に応じたり、

後々、カメラ機材が増えた場合に入らなくならいように

マチや高さを調整できるので、すごく便利です!

 

 

内寸は280 x 240 x (105 + 60)で、

カッコ内の60は増やせるマチ幅です。

 

標準ズームレンズを搭載した一眼レフカメラ1台に

交換レンズ3~4本、それにストロボやアクセサリー類に

10インチまでのノートパソコンも収納可能です。

 

この大きさならEOS 5D MarkⅢを入れるのにも

十分だと思いました。

 

また、形がビジネスバッグのような感じですが、

「Sydney 27」と同じで上部が開閉可能なので、

カメラの取り出しが簡単です。

 

 

これも手頃なバッグなんですが、

ちょっとビジネス系の色が濃い感じなので

候補として残しておきたいと思います。

 

 

 

つづく・・・

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

SBM・お気に入りボタン