2021年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メニュー

鹿島アントラーズがサンパウロFCに勝利!スルガ銀行チャンピオンシップ2013IBARAKI

 

 

 

昨日、スルガ銀行チャンピオンシップ2013IBARAKIの

鹿島アントラーズ対サンパウロFC戦が行なわれました。

 


茨城県立カシマサッカースタジアム / mizuo_fiat

 

 

最初にゲームが動いたのは前半24分、

鹿島アントラーズの大迫勇也選手の得点でした!

 

 

 

その後もどちらかというと鹿島アントラーズペースの感じで、

39分には後ろから大迫選手が飛び出し、

流れからゴールを決め、この日2点目を取りました。

 

 

 

 

サンパウロFCは日本に来日する前に

ドイツやポルトガルなどでも試合をしてきていたので、

日本の蒸し暑さも相まってコンディション的にも

あまりいい状態ではなかったのかもしれませんね。

 

 

 

それでも南米王者の意地を見せ、

後半開始間もなくの13分に

ガンソが左隅に決める見事なショートで得点しました!

 

 

 

すると今度はサンパウロFCのペナルティエリア内で

抜け出そうとした大迫選手がディフェンダーに倒されPKを獲得。

 

 

 

 

そのPKを大迫が蹴るとキーパーに阻まれ失敗。

 

 

 

 

ところがラインズマンの審判からやり直しの旗が・・・。

 

 

 

 

何があったのかリプレイでもよくわかりませんでしたが、

キーパーの動き出しが早すぎたためだったみたいでした。

 

 

 

 

そして再度大迫選手がPKを蹴るも

ボールはゴールの遥か上へ行ってしまい、

無情にもPK失敗に終わりました。

 

 

 

 

それによりサンパウロFCも望みを繋ぎ猛攻。

 

 

 

 

そして後半30分にサンパウロFCのアロイージオに得点を決められ、

同点になってしまいました。

 

 

 

その後すぐに、またサンパウロFCがフリーキックを得ると、

逆転のチャンスなのかサンパウロFCのキーパーがキッカーに!

 

 

 

でも得点にはつながりませんでしたが、

観る側にとっては面白かった!

 

 

 

 

そして、このまま同点で終わるかと思ったロスタイム、

柴崎岳選手が蹴ったシュートが大迫選手に当たり

ボールコースが若干変わって得点になりました!

 

 

 

大迫選手のハットトリック達成かと思いましたが、

表示は柴崎岳選手の得点でした。

 

 

 

結果、鹿島アントラーズがサンパウロFCを破って3-2で勝利!

 

 

 

スルガ銀行チャンピオンシップ2013IBARAKIの優勝に輝き

この大会の連覇を達成。

 

 

 

 

この間のマンチェスターU戦やアーセナルFC戦もそうですが、

Jリーグのチームも海外の有名なクラブチームと

いい勝負ができるようになったな~とつくづく思った試合でした。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

SBM・お気に入りボタン