2021年10月
« 8月    
 123
45678910
11121314151617
18192021222324
25262728293031
メニュー

SONY フルサイズコンパクトデジカメ サイバーショットRX-1Rを発売!

 

 

SONYがサイバーショットRX-1の新機種RX-1Rを発売!

 


Sony RX1 2 / Janitors

 

サイバーショットRX-1シリーズはコンパクトサイズデジカメながら、

ハイエンドユーザー向けのフルサイズCMOSセンサーを搭載した

2430万画素高画質コンパクトカメラ。

 

 

このコンパクトでありながらフルサイズセンサー搭載を

実現させたのは業界初のことで、

そのカメラ技術や性能が認められ、

2013DGP(デジタルカメラグランプリ)コンパクト部門 金賞

2013DGPサマー コンパクト部門 金賞

プロダクトデザインアワード2013 金賞

カメラグランプリジャパン2013 大賞

を受賞している。

 

 

通常、一眼レフでも小型化するとフルサイズセンサーを搭載するのは

難しいと言われていたのだが、

SONYは一眼レフやミラーレスのようなレンズ交換式でなく、

レンズ一体型とすることでコンパクトデジカメに

フルサイズCMOSセンサーを搭載した。

 

 

サイバーショットRX-1ではSONYの強みの分野でもある

放送用ハイエンド業務用カメラなどに搭載されている

多点分離光学ローパスフィルターを採用し、

従来のローパスフィルターより高画質を保ちながら

モアレや偽色を低減させた。

 

その多点分離光学ローパスフィルターを

今度発売されたRX-1Rでは無くし、

わずかな解像度の低下も防止しているという。

 

多点分離光学ローパスフィルターを無くしたことで、

モアレや偽色の低減ができなくなったわけだが、

一体型レンズとして搭載されているカールツァイスレンズの

とても優れた描写性能とフルサイズCMOSセンサーの

高画質解像度の性能を損なわない別の光学フィルターを搭載している。

 

 

更に画像処理において高解像度RX-1Rの描写力を

最大限に引き出すパラメーターを設定することで、

多点分離光学ローパスフィルターを採用しなくとも

圧倒的な描写能力を維持しているようだ。

 

 

 

この搭載されているカールツァイスレンズは、

35mm F2 単焦点レンズ。

 

単焦点でしかもF2という大口径のレンズが採用されているのは

ユーザーにとっては嬉しい。

 

 

9枚羽根円形絞りを採用しているということで、

F2~F11の範囲であればほぼ円形になるので、

フルサイズセンサーの組み合わせで、

今までのコンパクトデジカメでは味わえなかった

いいボケ味の効いた描写を楽しめる。

 

 

また最短距離20cmでの撮影を可能にする

マクロ切り替えリングも付いているので、

花や昆虫などの撮影にも使え

柔らかいボケの味のあるマクロの世界を表現できる。

 

 

 

そして有効画素数約2430万画素は大伸ばしにも十分で、

風景やポートレイトなどではとても滑らかで繊細な描写に。

 

 

感度もISO100~25600までの領域を常時使用可能で、

オート感度設定を使用すれば絞りやシャッター調整に

専念しながら撮影できます。

 

 

また明るいF2レンズとの組み合わせで、

暗いシーンでも手持ち撮影が容易になります。

 

 

 

ただ難点としては単焦点35mmのみなので、

狭い部屋でスナップ撮影したり、

もっとズームしたいといった場合に

焦点距離が変えられない物足りなさを感じることがあると思うので、

このレンズで補えない焦点距離用のサブカメラ、

あるいはこれをサブ的なカメラとしてもう1台別のタイプのカメラを

持っていたほうが良さそうだ。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

コメントをどうぞ

SBM・お気に入りボタン